エンジンについて

実際にエンジンが駆動するかどうかというのも重要なポイントです。もちろん、売れないことはないのですが、少しでも良い金額をつけて欲しいと思った時にはエンジンの状態は必ず見ておきましょう。

トラクターというのは、特殊車両として扱われるものです。実は公道を走るときにも免許証が必要なものなのです。ですから、エンジンは必ず動く必要があるのです。厳密には、買取に対して必ずエンジンが駆動しなければだめということはないです。ただ、買取価格が大幅に下がってしまうだけの話です。それだけの話ではあるのですが、せっかくならば良い金額で買取をして欲しいと思うはずです。ですから、最低限チョークを引いてエンジンがすぐにかかるのか、エンジンを暖めた時にアイドリングが安定するのかくらいはきちんと確認をしておきたいところです。

動作に関して問題点はないか、実際に動かしてみて不自由に思うところはないかということくらいはチェックしておきましょう。そうすることによって、売却時に査定額がダウンしてしまう可能性を大きく下げることが出来るのです。業者からしても、エンジンの状態が良ければそれだけ安心して買取が出来るため、査定にも良い影響が出る場合が多いのです。